トリアは眉毛脱毛には使用可能!?<意外と知らない危険性>

眉毛

トリアは家庭用脱毛器で、唯一レーザー光線を使っています。

眉毛のお手入れは結構大変ですよね。
レーザーで効果が出やすいトリアで脱毛できたら嬉しいですよね?
果たして、トリアを使って眉毛の脱毛ができるのでしょうか。

 

このページでは、トリアが眉毛の脱毛にも使えるのかどうかについて、書いていきます!

 

トリアは眉毛の脱毛にも使えるの?

まずは、トリアの取扱説明書を確認してみました。
取扱説明書には、顔の下半分であればレーザーを照射できると書いてあります。
しかし、眉毛(顔の上半分)には照射できないと書いてあります。

 

なので、絶対に眉毛の手入れ(脱毛)のためにトリアを使うのは止めてください。

 

下手したら角膜を傷めてしまうだけでなく、眉毛の周辺や目の周辺の大ヤケドにつながる危険性もあります。
そういった意味でも、眉毛の手入れ(脱毛)に使うべきではありません。
どうしても眉毛の脱毛をしたいのであれば、レーザー脱毛を取り扱っていて、眉毛の脱毛を取り扱っている医療機関に行って行ってください。

 

どうして眉毛の手入れ(脱毛)にトリアを使ってはいけないの?

青い目

トリアの照射面積は、1平方センチメートルです。

レーザーであればトリアに限らず、医療用レーザーであっても照射面積は小さくできています。
そのため、レーザー光線が分散しにくい利点があり、脱毛効果が出やすいと言われています。
眉毛の照射範囲というのは小さくて済むので、理論上はできます。

 

しかし、レーザー光線は目に当ててしまうと、目を傷つけてしまいます。
そのため、もしもどうしても眉毛に当てたいのであれば、目を閉じておく必要があります。
ただでさえ、狭い場所に光線を当てるのは困難なのに、目に照射してしまうのを防ぐために目を閉じている状態で眉毛に当てることはできるでしょうか。

 

もしも運悪く目を開けている状態で、トリアから出ているレーザー光線が当たったら、その人の角膜が傷つきます。
さらにそれだけではなく、目の周辺や眉毛の周辺を火傷してしまいます。
そうなったら、損害賠償を請求されるような事態になりかねません。

 

そういう点でも、絶対に眉毛の脱毛に使ってはいけないのです。

まとめ

福祉士

みなさん、眉毛にはトリアを使用してはいけません。

トリアのようなレーザー光線を使用している脱毛器はもし目に当ててしまうと、目を傷つけてしまう可能性があるので危ないですね。
眉毛以外にも、ほくろやシミがある部分、目、まぶた、まつ毛、ひたい、こめかみ、ほほ骨、鼻の穴、デリケートゾーンの使用は禁止しています。
使用上の注意をよく読んで安全に使用してくださいね!